にきび、アクネ菌|三重県四日市市の泌尿器科・皮膚科「やましたクリニック」

  • 0593617700

    お問い合わせはこちら

  • 診療時間
    9:00〜12:00 / 15:30〜19:00
    ※土曜午後は14:00〜17:00
    休診日
    木曜・日曜・祝日

にきび

にきびのしくみについて

主に思春期前後、ホルモンの活性化が顔や体のギトギト脂(皮脂)を作る組織(皮脂腺)を活発にします。
毛穴が詰まったりして皮脂が毛穴に充満したものがにきびの始まりで、コメド(面皰)と言います。一般的には、白にきび・黒にきびを指します。コメドは栄養が豊富なので菌が繁殖しやすく、中でもアクネ菌が増えると皮膚の炎症により赤くなり、赤にきびになります。
さらに炎症が進み、膿が溜まってくると黄色く膿が透けて見える、黄にきびになります。黄にきびは触れるなど、ちょっとした刺激でも皮膚が破れ、周りの組織までダメージが広がります。この状態が進行すると、皮膚の破壊が進むため瘢痕化します。いわゆる、にきび痕です。ここまでくると、治すのは中々困難です。

にきびの種類

白にきび

にきびの初期段階といわれる状態が「白にきび」です。
痛みや腫れはありませんが、進行すると炎症をおこすことがあるので、早めのケアが大切です。ホルモンバランスの乱れなどが原因となっておこります。

黒にきび

白にきびが酸化した状態を「黒にきび」といいます。
白にきびと同様、放置しておくと炎症につながるので注意が必要です。ホルモンバランスの乱れや、油分の多い化粧品やクリームが原因となっていることもあります。

赤・黄にきび

白にきびや黒にきびが悪化してできるのが「赤にきび」です。
にきびの原因となるアクネ菌が皮脂を栄養にして増殖し、炎症を起こします。赤にきびの状態がさらに悪化すると、にきびの中に膿(うみ)をもった「黄にきび」へと変化します。

にきびの治療法

洗顔・メイク落としをしっかりする

紫外線対策(日焼け止めは低刺激)

石鹸・化粧品などは、ノンコメドジェニックテスト済の物を選ぶ

睡眠不足。ストレスを防ぐ

バランスの取れた食生活を心掛ける

なるべくにきびに接触しないヘアスタイルを

当院の治療の流れ

まず状態を診て、現在のにきびの進行具合を判別します。
アクネ菌の増殖を抑える薬・毛穴を広げて、詰まりを取り除く薬・炎症を抑える薬など、状態に合わせてお薬を選別します。効果・副反応・塗るタイミングなど、にきびの状態に合わせて治療(お薬の変更有)を進めていきます。
当院では、日常生活の注意点を含め、治療法・お薬の使い方などの詳しいお話が必要な方には、看護師から説明の時間を取らせていただいております。
ご家族の方も含め、お気軽にご相談ください。

治療の説明