医療法人 芙蓉会 やましたクリニック

三重県四日市市にある泌尿器科・
皮膚科のやましたクリニックです

予約

 

泌尿器科 ネット問診表はこちら
皮膚科 ネット問診表はこちら
Blog タタカウカイギョウイ

 

Adobe Reader

当サイトの一部ファイルをご覧いただくには、アドビ社のAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、上のアイコンより無償で入手いただけますので、ご利用ください。

 

HOME»  泌尿器科

泌尿器科

泌尿器科のご案内

泌尿器科とはおしっこが作られる腎臓から外に出て行く尿道まで(尿路)と、男性の生殖器の病気を治療する診療科目です。

 

このような症状はありませんか?~泌尿器科の主な病気と症状~

 

私はどの病気?

例えばおしっこに血が混じったり、検診で血尿がある場合、尿路の結石や膀胱炎、稀に腎臓や膀胱の癌などが考えられます。

その他、日常生活で笑ったりおなかに力が入った時に尿が漏れる腹圧性尿失禁なども、薬が効果的なことが多いです。

おしっこが出にくかったり、トイレまで我慢できない、夜中に何回もトイレに起きる等の症状は前立腺肥大症の症状です。また頻度は低いですが前立腺癌の症状でもあります。

性行為感染症(性病)は最近増加傾向にあり、性器以外に口などからも感染しますので、おかしいと思ったら早めの受診をお勧めします。

勃起不全、失禁、性行為感染症、包茎など、受付では話しにくい内容の病気のときはこちらのページをプリントアウトして、直接提示していただければ結構です。

人に言いにくい症状が多く、診察も下半身を見せなければいけないとか、検査が痛いなどという俗説から、受診をためらわれている方が多いようですが、そのような恥ずかしい診察や痛い検査を受けなければいけない場合は殆どありませんし、内視鏡検査も以前とは比べられないほど痛みは軽減しています。

勿論、入院が必要な大きな手術や精密な検査が必要な場合は、連携する総合病院に紹介させて頂きます。

ご不明な点があれば、お問い合わせフォームかお電話(059-361-7700)にて対応させて頂きます。

往診の必要な方や癌治療の一環としての麻薬の使用についてもご相談ください。

 

前立腺生検

当院では入院ではなく外来で検査を実施しております。

前立腺癌とは
前立腺癌は現在世界的に増加傾向にあり、日本でも生活習慣の欧米化に伴い、増加率が最も顕著な癌であるとされています。

前立腺とは男性の膀胱出口にある胡桃大の大きさの臓器で、精液の一部を作っている器官です。
その前立腺が大きくなる(前立腺肥大)と、膀胱を圧迫し尿が近くなったり、出にくくなるという症状がでます。

しかし前立腺癌の場合は通常臓器の外側に腫瘍ができるので、このような自覚症状がでにくいのです。
しかもこの癌は、進行すると骨への転移が多いことが特徴で、腰痛が治らず、よく調べたら前立腺癌の腰骨への転移だったということもあるくらいです。
このように症状が出にくいので定期的な検診が早期発見には非常に重要です。

 

PSA診断

検診では採血により前立腺腫瘍マーカー(PSA)という値を測定します。
この数値(下記参照)により癌の可能性が疑わしい場合は、前立腺の組織を採取して検査をする前立腺生検を行い最終診断とします。
この検査は一般には入院で行われることが多い検査です。

 

PSA診断

<前立腺マーカー(PSA)と癌が見つかる割合>
※この値は年齢などによって異なります。

 

当院での検査方法
当院で、今までこの検査を勧めても、「入院は無理」という理由で受けられない方がかなり見えましたので、外来での生検を導入しました。

外来での生検は前立腺を細い針によって組織を取る検査ですが、当院では外来で如何に安全に行うかを考え、出血、感染、痛みの三つの危険を最小限にし、外来でも安心して受けられる検査を心がけています。

三重県下で一般に行われているのは直腸粘膜から針を入れる経直腸的針生検方法です。
当院では、図のように経会陰的針生検方法も可能です。

検査自体は麻酔と超音波(エコー)による画像診断を含め約40分で終了します。
また、検査後2~3時間の安静後帰宅していただくことが可能です

 

直腸粘膜から針を入れる経直腸的針生検方法

 

癌を早期に見つけることが治療への一番の近道です。

検診などでPSAの数値が高いといわれた方、仕事などの理由で入院での検査が方難しい方は是非受診をお薦めします。


いずれにしても痛みが心配な内視鏡などの検査が必要な病気はごく少数です。

 

お気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:059-361-7700
皆様のご来院、心よりお待ちしております。

 

薬治療が中心の病気

腎盂腎炎(じんうじんえん)

ばい菌が腎臓まで入ってしまった状態で、高熱や腰痛、全身倦怠があらわれます。ほうっておくと腎臓の機能が落ちていきますので、なるべく早い治療が必要です。
尿の検査のほかに血液検査などが必要になります。薬の内服や注射での治療が中心になりますが、検査結果や重症度によっては入院が必要な場合もあります。

 

膀胱炎

大人の女性に多い病気です。残尿感(おしっこをしたのに残った感じ)や、頻尿(何回もトイレに行きたくなる)症状があらわれ、尿が濁ったり血が混じったりします。多くの場合おしっこをする時の痛みがあり、また下腹に不快感が現れます。
膀胱にばい菌が入り、繁殖してしまうのが原因です。普通発熱はしません。
疲れたり、尿を我慢したりで病気がひどくなっていることが多いので、休養をとり、水分を多めにとることが大事です。病院では尿の検査で汚れを確認し、抗生剤の内服治療が中心となります。

 

尿道炎

男性に多い病気です。(性交渉によってうつされることが多い)。おしっこをする際に痛みを伴い、白や茶色の膿が出ることもあります
クラミジア、淋菌といった病原菌を確認する検査(尿でわかります)と、内服や注射の治療が必要です。また結婚されていたり、パートナーが見える場合、相手の方の治療も必要となることがあります(婦人科での治療が中心となります)

 

精巣上体炎(せいそうじょうたいえん)

睾丸(精巣)の痛みで受診される方の多くがこの病気です。睾丸(精巣)にくっついている精巣上体という場所の炎症(ばい菌やウイルスによる感染)です。 片側だけにおこる事が多く、尿検査と触診で診断します。治療は抗生剤の内服が中心です。

 

前立腺炎

尿が近かったり、下腹部の不快感が常時あったりする不快な病気です。前立腺肥大と症状が似通っていますが、原因は細菌やウイルスの感染などによる炎症です。急性の場合は発熱や尿道の強い痛みがでることもあります。
尿の検査や触診で診断しますが、原因がはっきりしないこともあります。治りにくい場合、当院の機器が有効です。

 

過活動膀胱(かかつどうぼうこう)

自分の気持ちと関係なく膀胱が勝手に収縮し、おしっこが近くなったりもれたりする病気です。
他の病気が原因または、原因がはっきりわからないこともあります。
飲み薬が効果的です。また失禁の症状が酷い場合、当院の機器が有効です。ご相談ください。

お役立ち情報
http://www.hainyou.com/
http://www.oab-info.com/

 

勃起不全(ED)

性行為を行うために十分な勃起が得られない、いわゆるインポテンツといわれる状態です。
脊髄の病気のほか、喫煙や糖尿病、ストレスなどが原因となります。
また、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病のでもあるため、注目されています。
現在、3種類の内服薬があり(バイアグラ、レビトラ、シアリス)、それぞれに特徴がありますが、保険適応外の薬で、看護婦の立ち会いもなく、基本的に性器を診察することはありません。

個人輸入物で効果の無かった方も純正品なら効く可能性があります。(逆に個人輸入物は危険でさえあります。)
使用上の注意としては、不整脈の薬の一部、抗ウイルス薬の一部、水虫の内服薬の一部、前立腺肥大症の薬の一部で併用ができませんので、必ず飲んでいる薬がわかるようにして受診をお願いいたします。
尚、バイアグラには安心して使えるジェネリックが使用可能になりました。詳しくはお問い合わせ下さい。

<<バイアグラ、レビトラ、シアリスに関するリンク>>
■バイエル薬品のED啓発サイト(http://www.ed-netclinic.com/
■ファイザー株式会社の情報提供ページ(http://www.ed-info.net/
■日本新薬(http://www.ed-care-support.jp

■問診表はコチラ>>■

 

お気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:059-361-7700
皆様のご来院、心よりお待ちしております。

 

外科手術を伴う病気

泌尿器科の癌(腎尿管膀胱 前立腺など)

・腎癌 血尿のほかに症状がでない事が多く、健康診断や人間ドックの超音波検査などで偶然見つかったりします。早くみつけて手術をするのが一番の治療です。

・腎盂尿管癌 これも血尿のほかに症状が出にくい癌です。早期発見と手術が勧められます。

・膀胱癌 やはり血尿が主症状で、おしっこの際の違和感などを伴うことがあります。超音波検査などで疑われた場合、膀胱尿道の内視鏡検査をします。当院では軟性鏡という細く柔らかい内視鏡を使いますので検査での痛みが最小限ですみます。治療は多くの場合内視鏡による手術ですが、進行性の場合は開腹手術が必要になります。

・前立腺癌 前立腺肥大と似通った、おしっこが近いとか残尿感などの症状あるいは無症状です。詳しくは前立腺の検診参照

 

陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)

陰嚢が痛みもなく徐々に大きくなって来院されます。
陰嚢に色んな原因で水がたまる病気です。当院では外来で水を抜きます。再発は多く、繰り返す場合は手術が必要になります。

 

前立腺肥大症

中高年の男性で残尿感があったり、夜間に何回もトイレに行く、尿の勢いが最近弱い、などの症状が現れたらこの病気をまず疑います。前立腺という臓器が尿道を周囲から圧迫するためにおこる病気です。重症になれば内視鏡的な手術が必要ですが、症状が軽い場合や、手術を希望されない場合、いくつかの有効な薬があります。

 

泌尿器科の結石 (腎 尿管 膀胱など)

殆どが血尿を認めます。
腎臓と膀胱をつなぐ尿管に結石が詰まると、左右どちらかの腰が激しく痛みます。小さい結石であれば自力で排出するのを手伝う薬を出しますが、出る可能性の低い大きな結石の場合、紹介病院での対外衝撃波による治療をお勧めしています。

 

包茎

お悩みの方の殆どが手術の必要のない仮性包茎ですが、中には手術の必要な方もみえます。
ただし、不潔になりやすいので、炎症やガンなどの原因になる場合があります。
医師とマンツーマンで診断しております。一度ご相談なさってください。

■問診表はコチラ>>■

 

停留精巣(睾丸)

陰嚢(たまのふくろ)の中に睾丸(たま)がない、触ってもわからないという状態でお母さんが心配され来院されることがあります。医師が良く触って調べると見つかる場合もあります。
但し、睾丸があっても体の奥のほうに入り込んでいる場合、精子を作る力が落ち、不妊の原因にもなりかねません。手術が必要かどうか、しっかりした診断が必要となりますのでご相談ください。

 

男性不妊

精液の検査で診断します。精子数が少ない場合、男性(が原因の)不妊となりますが、その原因は一通りではなく、血液検査などでホルモンのチェックをし、さらに婦人科との協力が必要不可欠となります。

 

お気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:059-361-7700
皆様のご来院、心よりお待ちしております。

 

相談しにくい病気

尿もれ(尿失禁)

排尿時以外に尿が漏れてしまう病気で、いくつかのタイプに分かれます。

腹圧性尿失禁(くしゃみなどおなかに力が入った時に漏れてしまうタイプ)
成人、特に出産後の女性に多い病気です。大声や運動で漏れてしまうことがあります。

急迫性(切迫性)尿失禁
おしっこをしたいと思ったら、トイレまで走らないと漏れてしまう、あるいはトイレまでもたないいわゆる「まてしばし」が効かないタイプ。
脳や脊髄の病気のあとや、膀胱炎などの膀胱に刺激のある状態で起こります。

そのほかにもあるのですが、問題になることが多いのが腹圧性尿失禁です。
適切な運動と投薬でかなり改善することがわかっています。

 

性行為感染症

いわゆる性病です。最近増加傾向にあり、症状は男性のほうが出やすいです。主にクラミジア尿道炎と淋菌性尿道炎があり、淋菌性のほうの症状が強く、感染してから症状が出る期間も短いです。診断には特に痛い検査は必要ありません。治療も内服か点滴治療でほぼ完治します。
女性の方は、産婦人科にご相談されてもよいでしょう。
人にうつしてしまう場合がありますので、陰部のイタミ・カユミ・膿などの症状があれば、早期の診断をお勧めします。

■問診表はコチラ>>■

 

勃起不全(ED)

性行為を行うために十分な勃起が得られない、いわゆるインポテンツといわれる状態です。
脊髄の病気のほか、喫煙や糖尿病、ストレスなどが原因となります。
また、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病のでもあるため、注目されています。
現在、3種類の内服薬があり(バイアグラ、レビトラ、シアリス)、それぞれに特徴がありますが、保険適応外の薬で、看護婦の立ち会いもなく、基本的に性器を診察することはありません。

個人輸入物で効果の無かった方も純正品なら効く可能性があります。(逆に個人輸入物は危険でさえあります。)
使用上の注意としては、不整脈の薬の一部、抗ウイルス薬の一部、水虫の内服薬の一部、前立腺肥大症の薬の一部で併用ができませんので、必ず飲んでいる薬がわかるようにして受診をお願いいたします。

<<バイアグラ、レビトラ、シアリスに関するリンク>>
■バイエル薬品のED啓発サイト(http://www.ed-netclinic.com/
■ファイザー株式会社の情報提供ページ(http://www.ed-info.net/
■日本新薬(http://www.ed-care-support.jp/

■問診表はコチラ>>■

 

包茎

お悩みの方の殆どが手術の必要のない仮性包茎ですが、中には手術の必要な方もみえます。
ただし、不潔になりやすいので、炎症やガンなどの原因になる場合があります。
医師とマンツーマンで診断しております。一度ご相談なさってください。

■問診表はコチラ>>■

 

パイプカット

男性側で一番確実な避妊法です。

30分くらいの局所麻酔下の手術で、保険がききませんので自費診療になり、診察料、検査代すべて含め85,000円です。

注意点としては、配偶者の同意が必須になります。
詳しくはお電話にてご相談に応じます。

■問診表はコチラ>>■

 

お気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:059-361-7700
皆様のご来院、心よりお待ちしております。