医療法人 芙蓉会 やましたクリニック

三重県四日市市にある泌尿器科・
皮膚科のやましたクリニックです

泌尿器科 ネット問診表はこちら
皮膚科 ネット問診表はこちら
Blog タタカウカイギョウイ

 

Adobe Reader

当サイトの一部ファイルをご覧いただくには、アドビ社のAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、上のアイコンより無償で入手いただけますので、ご利用ください。

 

HOME»  ブログ記事一覧»  医療»  夏は尿路結石に注意

夏は尿路結石に注意

夏は尿路結石に注意

今年の梅雨は今のところ断続的ですが、どうなるんでしょうか?案外と涼しい日が続きますね。

泌尿器科の病気の一つに「尿路結石」があります。尿が作られる工場である腎臓から膀胱への通り道である尿管、膀胱をためる袋である膀胱、膀胱から外界までの尿道をひっくるめて「尿路」といって、尿路に存在する結石の総称が「尿路結石」(時々「胆石」と誤解されますが、全く違います)。

 日本や先進国では腎や尿管(上部尿路)が多く、尿が濃縮されやすい夏に多発します。当院でもすでに増えつつありますね。

結石そのものは腎臓にあるうちは痛みを伴わないことが多く、尿管を下降中にどこかでつまったとき、そこで尿が通りにくくなり、腎臓が腫れて(水腎症)、初めて激しい痛みとなります(疝痛発作)。

 治療としては小さな石であれば内服薬や痛み止めを使いながら出るのばを待つ方法と、大きくて出る可能性の低い石や小さくても深刻な感染を伴う場合は、結石破砕治療が行われます。

 破砕法は大まかに三つありますが、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)という方法が多いかもしれません。これはからだの外からエネルギーの塊を結石に焦点を合わせてぶつけ、石を砕いて尿とともに外に出す方法。外来で行われることが多いです。
 何らかの理由でESWLが使えない場合 経尿道的結石破砕術(TUL)や経皮的結石破砕(PNL)も行われますが、今回は省きます。

 予防について少し書きますと、日本で一番多い結石成分が「シュウ酸カルシウム」で全体の7~80%。シュウ酸を控えることが結構大事ですが、食べ物だと「コーヒー 紅茶 チョコレート ホウレンソウ キャベツ ウスターソース 山菜」などいわゆるあくの強い食べ物にシュウ酸が多いのですね。
 これらの食べ物は食べすぎない、食べるにしても「カルシウムと一緒に食べて便として排出させること」が重要です。コーヒーならミルクを入れるとか、ホウレンソウならカツヲブシをかけるとかですね。
  二番目に多い結石成分は「尿酸」。タンパク質が分解されてできる物質ですので、特に肉やお酒のとり過ぎはご用心。

当然おしっこが濃ければ結石もできやすいですから、水分は大目にしてください。ウーロン茶や番茶、麦茶などが
いいでしょう。

僕も人のことが言えなくて10年以上前に尿管結石を経験しました。あの痛みは忘れられません。みなさん、気を付けましょう。

右か左に偏る背中の痛みがあって、尿がコーヒー色とか血の色だったら尿路結石を疑い、泌尿器科受診をお勧めします。

 

2015-06-10 20:31:27

医療   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント