医療法人 芙蓉会 やましたクリニック

三重県四日市市にある泌尿器科・
皮膚科のやましたクリニックです

泌尿器科 ネット問診表はこちら
皮膚科 ネット問診表はこちら
Blog タタカウカイギョウイ

 

Adobe Reader

当サイトの一部ファイルをご覧いただくには、アドビ社のAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、上のアイコンより無償で入手いただけますので、ご利用ください。

 

HOME»  ブログ記事一覧»  雑談»  走るって

走るって

走るって

 アメーバブログでも時々書いてますが、4年位前からジョギングを始めました。50を過ぎてブクブクに太ったことがきっかけです。。
最初は1キロも走れなかったのが、半年弱でエントリーした10キロレースを恐ろしくスローですが完走できました。レースの快感、知らない場所を走る爽快感に目覚め、また走り仲間との出会いに味を占め、不定期ながらレースに出場し、昨年秋には何とかフルマラソン完走。これはうれしかったです。

 さて「ランニングは体にいいのか」。よく聞かれる問いかけですが、僕の意見は「走り方、考え方による」です。

ダイエット、筋肉維持には間違いなくいいですよね。ただし怪我や捻挫のリスクは避けられない。僕も何回かやりました。医者のランニングチームが書いた論文でも「ダイエットやメタボ回避効果はあるが、整形外科的なリスクは統計学上上昇する」とあります。

 また若返り効果はどうか。これ、案外ランニングって分が悪いんです。屋外だと紫外線対策を十分しないと皮膚の老化につながります。
また男性に関して言えば、男性ホルモンレベルはフルマラソンなどハードなランニングではむしろ低下します。男性ホルモンレベルの維持には有酸素運動よりむしろ筋トレ(スクワット、腹筋、ランジなど)に代表される無酸素運動が有効だそうです。
男性ホルモンに悪影響が少ないのはキロ六分以上かけたゆっくりしたジョギング。

抗加齢学会では「少し速めのウォーキングを30分程度、朝晩二回」を推奨している先生がお見えでした。いいんじゃないかな。
 

2015-06-09 20:33:25

雑談